「プラセンタ」で人生を謳歌する
placenta online/TOPページ
TOP > トップメッセージ

トップメッセージ

アトピーの克服をきっかけに
胎盤の成長因子を全て凍結錠剤に
したプラセンタの推奨を行ってい
ます。OEMも受付しています。

日本胎盤臨床研究会会員
石川プラセンタ研究会会長

約2200万人、これは日本全国のアトピー患者の数だといわれています。
日本の人口 約1億3000万人 計算すると 約5人に1人が アトピー患者である。
日本ではここ10年でアトピー患者数が2倍になったと言われています。
そんな中で、 私は単なるひとりの アトピー患者でした。
中学2年生の時に 皮膚科でアトピーと診断受けステロイド剤を塗布する。
以降20年に渡り アトピーが治らないので ステロイド剤を使い続ける。
その他アトピーに良いと言われるありとあらゆるものを試したが
どんな事をしても治らない!

そんな中、ある疑問が湧いてくる・・・
これは本当にアトピーなのか?

やがて、ステロイド剤の限界に達し、まったく効かなくなってきた
次のステップで言われたのがステロイドの注射である!

恐ろしくなり、ありとあらゆる情報を入手し研究しまくる中
ある一つのキーワードにぶち当たった!

「蛋白異化作用」である。

これはステロイドが原因の皮膚のタンパク質が変化した別の病という説である。

しかもステロイド剤を使い続けると副作用で失明にいたる事まで
あると聞いてさらに恐ろしくなりいろいろ考えた末、
脱ステロイド剤に踏み切ったのです。
やがて1ヶ月後、悪夢が待っていた!! 

ステロイド剤のリバウンドとは
肌のターンオーバーの周期が正常に戻る好転反応であるが
恐ろしい程の 全身の痒みを伴い出血! 肌はもうボロボロ!
特に酷いのが毎日眠くなると体が温まり、かゆくなる→掻いて血が出る→
目が覚める→眠くなり、体が温まるという事の繰り返しで
朝まで痒みと極度のストレスと格闘し、明け方疲れ切って眠るという日々!
体を掻かないようにするために両手を縛って手袋をして寝たことも
あったけど痒みというのは、ものすごく堪えることができないもので
気がつくとほどいて、掻きまくっていた。

こんな日々が毎日続くわけですから本当に生き地獄です。

またステロイドの副作用で肌全体が薄くなってるため
すぐに顔が赤くなり、俗に言う赤ら顔であるが
こんな顔で人に会うことも辛いし、合う人合う人に
どうしたの?って言われ、いちいち説明するのもストレスで

自分のボロボロになった肌を見るたびに、人生をリタイヤしたい!
そう考えるある日々でした。

さらにそんな状況に追い打ちをかけるように
ボロボロ肌でバリア機能も無くなった肌からは細菌感染をし
足が通常の2倍以上に腫れ上がり歩けなくなる。

車いすにも乗ったし、松葉杖も使って仕事をしていたがついに
人生初の入院する事になった。
ちなみに細菌感染するとものすごい高熱もでる!
まず細菌を除去するのに抗生物質で点滴を打つ日々でしたが
リバウンドを柔らめる特効薬はやはりステロイドしかない!
と進められましたが・・・

絶対にステロイド剤は 使わない!!!!と
そこでも医師と戦った

頑固な私を見るに見かねたのか医師からの提案があった。

プラセンタ療法をしってるかね?

とても大げさな言い方かもしれませんがプラセンタで命を救ってもらった・・・
これ以上の言葉はありません。
今はこうして普通に仕事ができる事に本当に感謝していますし
入院してた時のことを思い出すと歩けること事態があたりまえに思っていたけど
本当に感謝の日々です!これもプラセンタのお陰です。
あとすごく当たり前の事だけど感動したのが
温泉や銭湯に行くのに保湿剤を持参しなくて良い程の肌になった!
さすがにスキンケアということでプラセンタ入りの化粧水をお風呂上がりに
全身に塗りますが、本当はなんにもつけなくても全く問題無しです。
アトピーを患っていた頃は必ずワセリンを持参していて
風呂上がりに全身に塗りまくっていたので、当然下着や洋服も
ベトベトなのが当たり前でしたが

そして僕がアトピー克服の切欠になったこのプラセンタを
皆さんにお知り頂きたくこのサイトを立ち上げました。

最後にプラセンタはアトピー克服する一つのアイテムに過ぎず
私が心から伝えたいのはアトピーはアレルギーが悪化した様に思われがちですが
実はステロイドを使い出した瞬間からステロイドの副作用の病気にかわり、
その段階でアトピーではなく皮膚のタンパク質が変化した別の病に変わるのです。

ただステロイドは簡単にやめると大変危険ですので
信頼の出来る医師またはノウハウのある方の指示の元に進めた方が良いと思います。

プラセンタTOPへ トップメッセージ >定期購入 商品のこだわり 安全性について ポイント制度
ブロガーさんの声 よくあるご質問 会社案内 コンプライアンス 個人情報について 対応ブラウザ